スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

約半年振りの日記です。
なかなか抗がん剤治療中の日記を書けない日が続いています。

抗がん剤の副作用はきつく、やはり正直辛かったから、
まだまだ思い出したくない自分がいるのかもしれません。

現状は、再発することもなく、
毎日、元気に過ごしています(*^。^*)


先日、新聞で「がん意識調査」という記事が目に付きました。

アフラックが行なったようですが、
ガンになった時告知を望むかどうかをイベントの来場者を対象に行なったそうです。

結果は、96.2%もの人ががんになった場合に「告知を望む」と回答したそうです。

ガン=不治の病、ガン=死

という時代には、本人に告知することなく、
家族にだけ病状を伝える時代もありましたが、

早期発見すれば、治る可能性の高い現在では、
告知するケースも増えていますね。

私の場合は、告知を望むかどうかなんて考える間もなく「告知」されましたが^^;

でも、自分自身の身体のことですから、
きちんと聞いておいたほうがいいと思います。
PR

今日の産経新聞の朝刊(3面)に、
がん「第4の治療法」 ワクチンに延命効果』というタイトルで記事が掲載されていました。


その内容は、免疫力を高めてがん細胞を攻撃する「ペプチドワクチン療法」という臨床試験で、ワクチンに反応するリンパ球と患者さんの関係を調べたところ、陽性の患者さんは陰性の患者さんに比べ生存日数が2倍以上長いということが研究の結果分かったそうです。


これは、東京医科学研究所の中村祐輔さんというヒトゲノム解析センターの所長さんのまとめで分かったものです。


『ペプチドワクチン療法』という名は私はこの記事を見るまで知らなかったのですが、『外科療法』や『抗がん剤療法』、『放射線療法』に次ぐ「がんの第4の治療法」として注目されているそうです。


この研究によって初めて、免疫反応と治療効果の関係が科学的に証明されたそうです。


このように、ガンの治療法がどんどん進化して、完治の可能性が広がっていくことはたいへん喜ばしく、うれしく思います。
一日も早く、この第4の治療法が一般化していくといいなぁ~と思います。

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo