スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の病理検査の結果がなかなか出なかったとは、
一体、どういうことなんだろうか?

私の結果報告が遅れた理由を主治医は話し始めた。

病理検査の結果、私のガンの病期(ステージ)は、
『 Ⅰ期 a 』 だったそうです。

私が受けた説明では、
Ⅰ期a だと、抗がん剤治療を行わない病院が多いそうです。
(あくまでも、私が聞いた説明です。)

だから抗がん剤治療はしなくてよいという医師と、
人が顕微鏡で見たレベルではガン細胞を確認できなくても、
ミクロレベルでガン細胞が残っていてはいけないので、
抗がん剤治療は受けるべきだという医師とで見解が分かれ、
結論がでなかったそうである。

卵巣がんにはいろいろと種類があるそうで、
私のガンは、『胚細胞性腫瘍』というものだったそうです。

このガンは特に人相が悪いので、
完全にやっつけておきたい!とおっしゃっていました。


そして、私の今後は・・・?


念のために、抗がん剤治療を受けてください!


というものでした。


私が抗がん剤治療?
また、入院しなきゃいけないの?

主治医の説明を聞きながら、途中でそのようなことばかり思っていました。
だから、あとの話はきちんと聞けていなかったような気がします。


では、明日から再入院してください!


その一言でハッとしたのを覚えています。



自分では自分はしっかりしてる方だと思う人でも、
医師の説明を冷静に聞き取れないことがあると思うのです。

だから、もし、家族の方で付き添ってくれる人がいるなら、
ぜひ、一緒に来てもらった方がよいと思います。

私は、心細かったけど、一人でしたから。

夫は、自営業なので忙しくて着いて来てくれることができませんでした。
きっと、仕事をしながらも、とても気になっていたと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo