スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月1日、初めての抗がん剤治療。

体力的には元気だったので、当時は、ベッドでおとなしく抗がん剤をうけてる時間がとても退屈でした。

同じ部屋の人たちは(4人部屋でしたが)、みなさん何度か抗がん剤を受けていたので、副作用もあったようで、体がだるかったり、しんどかったりで、みなさんとても静かでした。

この日から、排尿後の尿を指定された場所に溜めるようになりました。
あまり色々考えない私は、指示された通りするだけで、これらから何が分かるのかなどは質問することもありませんでした。

抗がん剤を終えた後は、普段通りで体調に特に変わった様子もなかったのですが、ついに私も抗がん剤の副作用を知る日が来ました。

抗がん剤を受けてから4日目。
この日は、外泊してよい(自宅に帰っても良い)と許可をもらったので、帰る用意をしていると、だんだん、吐き気がしてきて気持ち悪くなってきました。

ちょうど、妊娠中のつわりのような感覚です。

家族が迎えに来てくれたのですが、帰りの車の中で、ずっとえずいていました。

ほんと、苦しくて、帰宅するなりベッドに倒れこむように寝てしまいました。

 
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo