スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7年前の今日(3月31日)、私は抗がん剤治療を始めるために入院しました。

このときのことを「忘れちゃいけない!」と思う気持ちと、
「忘れてしまいたい」気持ちとが入り混じって、
この2年間は、あまりブログが書けませんでした。

『がん』の摘出手術をしてから7年もの時間が経過しているので、
すっかり忘れてしまっている部分と、しっかり覚えている部分があるのですが、
少しずつ思い出してブログを更新していきたいと思います。




7年前の3月3日に卵巣がんの摘出手術をしました。

ガンに侵されていたのは、医師が見た感じでは左の卵巣だけだったそうですが、
人の目には見えない細胞レベルで他の臓器にも「ガン」が広がっているかもしれないとのことで、
左の卵巣だけでなく、右の卵巣、子宮、大網(たいもう)と呼ばれる脂肪、リンパ節なども
切除されました。

そして、体の中に「ガン細胞」が残っていないか『病理検査』が行われました。

この病理検査の結果が出るのに、約3週間かかるそうです。

この結果によって、抗がん剤治療が行われるか、治療しなくてもよいかが決まると言われていました。


手術後、約3週間経てば病院から連絡が来るはずでしたが、
3週間たっても全然病院からの連絡はなく、
もうすぐ手術から4週間が経つという前日に
「検査結果が出たので、明日、病院に来てください」と連絡がありました。


(この続きは、次回に)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo