スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買い物途中で苦しくなったものの、まさか癌だとは思っていなかったので、
その日は苦しいのが治まるまで家で横になっていました。


それでも体に違和感が残っていたので、
翌日、病院に行くことにしたんです。


ちょうど近所に婦人科の医院があったので行ってみました。


年老いた医師に症状を話すと、
「少しずつ検査して調べてみましょう!」
とおっしゃいました。


そして、尿検査、採血。
次におなかのエコー検査。


エコーをしたとき、一瞬、医師は何かを感じたような顔をしました。
(きっと、原因がわかったんだわ・・・そう思いました。)


それなのに、
「後日、検査の続きをしましょう。」
と言って、その日はそれ以外の説明もなく、
検査料として7,000円ほどのお金を払ったことを覚えています。


なんとなく、腑におちないなぁ~
(女のカンでしょうか(笑))


あなただったら、腑に落ちないと思ったら、
納得いくまで医師に質問できますか?


このときの私は医師に質問することができなかったんです。


医師とも相性があるんでしょうね~
この医師には聞いても答えてくれないような気がしたんです。
なんとなく、そのように感じてしまいました。



「後日、検査の続きをしましょう。」と言われましたが、
なんとなく(感覚的に)、この医師はダメって思ってしまったんですよね。
自分でもそれがなんなのか、わからないんですが・・・


あなただったら、そのまま次の検査を受けますか?
それとも次の病院を探しますか?


私がどうしたのか、続きは次回に!





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo