スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人のtwitterに下記のページがリンクされていました。
何気なく、リンク先を訪問したのですが、とてもショッキングな内容でした。

乳ガンだったなんて・・・|ポーネグリフ・・・を・・・求めながら・・・世界一の大剣豪になる
 ameblo.jp/mama9000/entry-10693964343.html



今日ここに、この方の日記を掲載させてもらったのは、
自分の体を守るのは自分自身だと言うことを、
このページを訪問してくださった方に知ってもらいたかったからです。

もちろん自分でできることには限界があり、
お医者様にお任せしないといけないことがたくさんあります。

でも、検査を受けてなんともないと言われても、
自分自身が体調の異変を感じているのなら、
納得いく答えが出るまで他の病院で調べてもらってください。

大丈夫だと言われても、体に異変があって、
自分の中で「本当に大丈夫なのだろうか?」と感じるならば、
貴方の声が一番正しいはずですから。


実は、私も体調の異変を感じて近くの医院に行きましたが、
そこの医師は、私がガンだったことをエコー検査で気付いたにもかかわらず、
「わからないので、もう少し検査をしましょう。
 次の検査はお金がかかりますから、❍万円持ってきておいてください。」
と言いました。

わからないというのは、ウソだ!
って、医師の顔を見て、動物的な勘でわかりました。

このお医者様は内科と婦人科が専門でした。
私は卵巣がんだったのを、わからないわけなんてないんです。

しかも、このお医者様の奥様は子宮ガンで他界されています。

もし、医師と言う仕事に情熱を持っておられるのなら、
患者第一に考えておられるのなら、ガンが疑われた時点で、
すぐに大きな病院を紹介するべきではないでしょうか?

この医師への不信感があったので、私はすぐに他の病院へ行きました。
当時はガンだとは思っていなかったので、
胃腸科を受診したのですが、
ここのお医者様は婦人科は専門外なのに、
一瞬で私のガンを疑い、すぐに大学病院への紹介状を書いてくださり、
どの曜日に行けば信頼できるお医者さまがいらっしゃるかも教えて下さいました。

この医師のおかげで、私は助かったのだと今でも心から感謝しています。

最初の医者は❍医院の❍❍という医師です。
みなさん、ここには絶対に行かないでください!と実名で書き込みたいくらいですが、
やはり、それはいろいろな意味で駄目なことなので・・・

私も感情が高まって、いろいろと書いてしまいましたが、
今日、本当に伝えたかったことは、
なんだかおかしい・・・と感じたら、ひとつの病院にたよらずに、
他も受診してみてくださいということです。

あなたの体を、命を守ってください。
お願いします。


それから。。。

もし、今日の日記にコメントをいただいても、内容が重すぎて、
お返事が書けないかもしれません。ご了承ください。
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo