スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~治療中の気持ち(1)より続く~



入院中必要なものはコロコロローラーです。
お掃除の時に使いますよね。
みなさん、持ってきてましたよ。

朝、起きたら、まずベッドの上や枕についてる髪の毛を、
このコロコロローラーで掃除してましたね。
そのくらい、いっぱい抜けました。


抗がん剤をしているときの気持ちというか、感じだ事は、
癌で入院している人がこんなに多いのかと、驚きました。



ガンの人って、
大病を患っているので弱々しいというイメージがあったのですが、
入院したら、みんなピンピンしてるんです。
この人、本当にガンなの?ってくらいに。


だから、安心したのを覚えています。
なんか、少し、ホットしたというか・・・


一度目の抗がん剤を受けた直後は、
体調の変化もなく、何も感じなかったのですが、
その4~5日後、急に吐き気がして、
それから2日間ほど苦しかったです。
妊娠中のつわりのように、
食べられるものと食べられなくなったものが出てきました。


それが治まったころに、第2回目の抗がん剤を受けます。


やはり、抗がん剤が終わって、4~5日すると、
吐き気をもよおします。


一度目と2度目の抗がん剤の合間に一時帰宅できるのですが、
主婦なので食事の支度をしなければいけないのに、
においにむせてしまって、食事を作るのがとても辛かったです。


私の場合、なぜか、焼き肉やうな重、お寿司を食べたくなって、
それらの匂いは大丈夫なのですが、
煮魚や大根の炊いたものなどの匂いを受け付けませんでした。
(家族には「勝手だ!」と言われましたが・・・(笑))


その頃、主治医に相談して、吐き気止めをいただきましたが、
飲んでも、あまり効き目はありませんでした。


~治療中の気持ち(3)に続く~


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo