スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手術の前日、看護婦(現在の看護師)さんより、
「手術の時に必要だから、下の売店で、
 だんせいストッキングを買っておいてね。」
と指示された。


だんせいストッキング???

  ↓

男性ストッキング?

  ↓

男の人専用のストッキングなんだろうか???(そんなバカな・・・)



と、聞いたことがなかったので、まったく意味不明でした。


耳で聞くと、「だんせいすとっきんぐ」ですが、
文字に表記すると、
弾性ストッキング
です。


「男性」ではなくて、「弾性」なんです。(^^ゞ


手術中に、血栓がとんで、脳梗塞になることもあるらしく、
その予防のために、この弾性ストッキングを着用するそうです。
(ふ~ん、知らないことがいっぱいですね。)


インターネットで調べてみると、

弾性ストッキングとは・・・
普通のストッキングとは違い、足を圧迫するための特殊な編み方でつくられた医療用ストッキングです。
下肢静脈の血液還流を促進する働きがあり、静脈瘤やリンパ浮腫の治療の際などに使用されています。
そして、弾性ストッキングの構造は、圧迫力が足首から心臓方向へ段階的に弱くなる構造で、血液が心臓へと戻りやすくなります。
弾性ストッキングの生地は着圧を生み出すための糸が使用され、その糸や編み方も効果の上がるよう工夫されています。

ということらしいです。


手術前には、ここまで詳しい説明はききませんでしたが、
手術中・手術後の血栓予防のため!とだけ言われていました。


この医療用のストッキングは、はき方にコツがあるらしく、
手術の直前に看護師さんが、はかせに来てくれるらしく、
勝手に自分ではかないように言われました。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo