スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2003年3月4日(火) 卵巣がん 術後1日目(その2)

今日の日記の一番下に、
ひまわりからのひと言アドバイスがありますので、
どうぞ、ご覧くらさい^^



【食事&水分補給について】

手術の翌日は絶食です(-"-)

朝食のときは、ぐっすり眠っていましたが、

昼食の頃には、大部屋の他の患者さんたちの
おいしそうなにおいが、プ~~~ンと漂ってくるので、
ちょっと、うらやましい気分でした(笑)


夕食の頃になると、
口がさみしいというか、
なにか口に入れたい気持ちになりました。

もちろん、この日は水分摂取も禁止です。

お腹が空くことはなかったです。
寝てるだけですから(^^ゞ



【排泄】

手術の日に(多分、手術中に)、尿道に細いチューブの管を入れます。
だから、寝ていても(起きれなくても)、尿管から尿をためる袋に尿が貯まるので、
大丈夫(*^^)v

でも、ベッドで排尿しちゃいけない!っていう意識(無意識に)が働くので、
尿意をもよおしても、尿がでないんです。

で、看護師さんがお腹をさすったり、やさしく押したりしてくれて、
排尿することができるようになりました。(ホッ。。。)

排便は、ベッドで便器を使用する予定でしたが、
便意をもよおすことがなかったので、
お世話になることはなかったです。



【その他】

この日はずっと点滴してましたね。
なんの点滴だったんだろ・・・

説明してもらったのですが、
ぼんやり聞いていましたので、よく思い出せません。



【家族】

手術の日に、酸素マスクをつけてる姿を見て、
夫はかなりショックだったようです。

自分もショックだったのに、
こんな状態を子供に見せたら、
きっと、ショックを受けるだろうからと、
手術の日も、翌日も、
当時、幼稚園だった子供たちを連れてはきませんでした。

同じ病室の人で、
子供が会いたがるというので、
手術直後に、家族が合わせたら、
酸素マスクをして眠っている母親の姿を見て、
ショックで泣いてしまったそうです。
たしか、子供さんは小学生だったそうですが、
それでも、相当ショックだったようです。

だから、もし小さなお子さんがおられて、
手術を受けることがあるようでしたら、
酸素マスクが取れてから面会することをおすすめします。

ひまわりからのひと言アドバイスでした(^^ゞ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo