スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2003年3月7日(金) 卵巣がん 術後4日目


前日に尿の管を抜いてもらってからは、
少しでも歩いて体力を回復するようにと説明を受けた。



管からの排尿ではなくて、
自分で歩いてトイレに行けるのが、
こんなにもうれしいのだと、つくづく感じた。

こんな些細なことで、生きてる喜びを実感(*^。^*)


病院内を歩行しないといけないからと、
看護師さんが売店まで付き添ってくれた。


せっかくなので、ジュースやプリンなどを購入^^
固いものはまだ許可されてません。


食事もこの日から軟菜食になりました。
(メニューはおぼえてません・・・)


歩かなきゃいけないんだけど、
手術の傷口がこんなに痛むなんて・・・(>_<)


一歩、歩くごとに「痛っ!」って声が出ます(^^ゞ




だんだんと顔色も良くなって元気になってきたので、
夫が子供たちを連れてきてくれるようになりました。


久しぶりに会えるとうれしい。
家でどうしてるんだろ。。。って、やっぱり気になります。


夫の手が空いた時間に来てくれるので、
ちょうど、病院の夕食の時間と重なります。


すると子供たちは珍しいのか、
病院食を食べたがるので、
私もつい与えちゃいます。


そしたら夫が怒るんですよねぇ。。。
「子供に食べさせてどうする!
 お前が良くなるために、しっかり食べて体力つけろ!!」
って。
心配してのことですけど。。。


病院内を散歩してると、たまたま高校時代の友人に
出会いました。
子供さんが入院しているということでした。


それで、私の病室を探して、
お花を持って、お見舞いにきてくれました。


せっかくいただいたお花なのに、
看護師さんに没収されちゃいました(>_<)


実はね、手術して間もない人たちの病室へ生花は厳禁だそうです。
お花の花粉や土から感染症になることもあるらしいです。


手術直後は体力も免疫力も落ちているから、
ダメなんですって。


入院されている方のお見舞いに行かれる時は、
その方の症状によって、お花がダメな時もあるようなので、
どうぞ、ご注意を!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo