スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手術後0日目。


手術した日のことを、『手術0日目』というらしい。


麻酔から覚めてからは、
なんだか起きてるような寝てるような、
よくわからない状態でした。


なんだか暑くて、息をするのが苦しくて、
なんで苦しいんだろ?って意識がもうろうとする中、
考えてました。


ハァ、ハァ・・・って、口で呼吸。。。
 


何時間おきかに看護師さんが、
体温と血圧を測りに来ました。


その時に、
「伊藤さん、大丈夫ですか?
 かわったことは、ないですか?」
って、聞いてくれるので、
「これ(酸素マスク)を、取って(はずして)欲しい・・・」
と、声にならない声で言いました。


自分の息で、酸素マスクの中は水蒸気がいっぱい。
それで、口元が濡れてとても気持ち悪かったのです。


これがなかったら、もっと呼吸しやすいのに・・・
そう思いました。


でも、看護師さんは、
「ダメよ^^。これは、手術後24時間は、はずせない決まりなの!」
と言って、ほほえみながら返事して、行ってしまいました。


あ~~~ぁ、呼吸がしにくいよ・・・ (>_<)
それに、声を出したくても、
体に力が入らなくて、しゃべれない・・・


酸素マスクの中は、
私の息でびしょ濡れ。


今、思えば、拭けばいいじゃない!って思うのだけど、
腕も動かなかったし、
寝返りもできなかったですね。。。あの時は。


だから、口元を拭くっていうことすら思い浮かばなかったです。


この夜は、人生で一番長~く感じた夜でした。


でも、私。。。
生きてたんだ。。。


麻酔から、ちゃんと目覚めてよかった^^


ハァ、ハァ・・・と呼吸しながら、
ふと、そんなことも思いました。


卵巣がんの手術が成功してよかった!って、
そこまでは考えられなかったけど、
麻酔から、ちゃんと目覚めて『生きてた』ことが、うれしかったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo