スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、ひまわりです。
随分、ご無沙汰になっちゃいました。
すみませんm(_ _)m



エ~ッと前回は、なんとなく信頼できない医師の診察を受けたお話でしたよね!



その病院からは、次回の検査日は・・・という話しをされたのですが、
私はどうしてもイヤで、夫と別の病院を探しました。



ちょうど知り合いに胃腸科の医師がいたので、そこを訪ねてみたのです。



医師: どうしました?

私 :  最近、どんどん太って、どうにもならないので、痩せる方法を教えてくだ
      さい!



と、まだこんなことを言ってたんですよね(--〆)
本当に、病気(ガン)だとは思っていなかったので、お気楽なものでした(苦笑)



医師は私の体型を見ただけで、病名がわかったようでしたが、
それを確認するために検査を行いましょうと言いました。



そして、その日はすぐにできる検査(尿検査・血液検査・腹部のエコー検査・腹部と胸部のレントゲン)を行いました。



腹部のエコー検査だけで、かなり確信をもった診断ができたようでした。
しかし、専門外なので紹介状を書くから、大至急、大病院へ行くように告げられました。



「簡単に考えないでください!
 絶対に、私(医師)の指示通り大病院で至急再検査を受けてください。
 多分、検査入院になると思いますが、
 家族の方にも必ず、きちんと話して、絶対に行くように!」



と、すごく真剣な面持ちで言われたことを覚えています。



普段はにこやかなこの医師の、こんなに真剣な顔は初めてでした。



「検査入院だなんて、まさか、ガンでもあるまいし大げさな!」



と、笑った私に、医師はきっぱりと、



「その可能性があるから、言ってるんです!!」と告げました。



ガン=(イコール)どこか痛い病気
私のイメージはそうだったんです。



あなたは『ガン』に、どのようなイメージを持っていますか?



「私はこんなに元気なんですよ!
 それに、どこも痛くないし。
 ガンなわけないじゃないですか~」



まだ、そんなことを言っていました。



そして、いよいよ指示された日に大病院へ行くこととなったのです。
そのお話はまた次回に!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして!
初めまして。
このブログって、興味があるのでずっと見ています。
文章に引き込まれていく感じがしますね☆
続き期待しています。
これからもがんばってくださいね。
チェリー 2008/04/30(Wed)16:21:11 編集
Re:はじめまして!
チェリー様

初めまして^^
コメント、ありがとうございます。
気が付かなくて、ごめんなさいね。
興味があるって言っていただいて、すごくうれしいです!
これからも、よろしくお願いします。
【2008/07/30 15:48】
<
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo