スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[25]  [24]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、ひまわりです。


前回、前々回のブログでも書いた内容なのですが、
とても大切なことなので、
ひつこいですが、今日も書きます。


私は「すぐに入院して、手術が必要」な状態でした。


それなのに、
私がすぐに入院できなかったのは、
看護婦さん(現在は看護師さんですね)のミスで、
カルテを回し間違えたことが原因でした。


私を診察してくれた医師は、
カルテにも「大至急!」と記入し、
付箋まで貼ってくれていました。


それなのに、どういうことか、
急がない順番の方へカルテを回されていました。


不運は重なるもので、
その看護婦(看護師)さんだけでなく、
他の人もカルテを見ると思うのですが、
(カルテを片づける人など・・・)
その誰の目にも留まることなく、
私のカルテは順番の後ろの方へと回されたのでした(;一_一)


もしかしたら、
このことで手遅れになって、
命を落としていたかもしれなかったのです。


今日、このブログを読んでいるあなたは、
現在、入院や手術が必要だと言われていませんか?


あなたの大切な家族や友人は、
入院や手術が必要だと言われていませんか?


入院や手術が必要だと言われているにもかかわらず、
ベッドの空きがなくて、中々入院できない方は、
私のように直接、問い合わることも考えてくださいね。


私の場合は、直接、病院に電話したら、
受付で、


「すぐに入院しなければいけない、
 ひまわりさんと言う方のカルテは、
 回ってきていません!」


と、キッパリ言い切られてしまいました。(-"-)


その上、


本当に医師から、
 そのように言われているのですか
?」


とまで、言われてしまいました(--〆)


私のように、緊急の手術が必要だと言われている方は、
今回の私のように、
痛くなくても『痛い』という演技力も必要かもしれません。


だって、あなたの体を守るのも、
あなたの命を守るのも、
あなた自身なのですから。


どうか、たったひとつのあなたの命を大切にしてください。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo