スポンサードリンク

忍者ブログ
卵巣がんの前兆から手術・抗がん剤治療、そして現在に至る記録を綴ります。私と同じような症状があれば卵巣がんを疑ってみてください。一人でも多くの人が早期発見できますように。
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がんの手術が失敗するとは、少しも思いませんでした。

ただ、ひとつ不安だったこと、
それは、私は麻酔がとても良く効くタイプでしたので、
この卵巣がんの手術の時に、全身麻酔をすることがとても心配でした。

手術の失敗よりも、
麻酔が効きすぎて、眼が覚めなかったらどうしよう・・・と、
 


このことが何より怖かったです。


だってね、この病院でがん検査をする前に、
近くの病院(ガンを見つけてくれた胃腸科)で、
大腸と小腸と十二指腸と胃の検査をしたとき、
検査のために、麻酔をしたら、
そのまま麻酔が切れる時間になっても目が覚めないで、
予定より1時間以上も私は眠り続けていたんです。


あまりにも起きなかったので、
その病院の看護師さんが起こしに来てくれたくらいですから。


だから、ガンの手術は全身麻酔なので、
本当に心配でした。


手術前の同意書にサインしなければいけず、
その時にも、このことがとても気になりました。


手術前に「何か心配事はありますか?」と聞かれたので、
このことを、医師に伝えました。


そしたら、麻酔科の医師は手術の様子を見ながら、
麻酔薬の調節をしますので、心配いらないですよ^^
と、説明してくれました。


聞いたから、完全に心配がなくなったわけではありませんでしたが、
少しは気持ちが落ち着きました。


みなさんも、もし手術を受けることになって、
いろいろと心配なことがあったら、
納得いくまで質問した方がいいですよ。


数年前までは、
このような質問をすると機嫌が悪くなる医師が居たそうですが、
最近は、きちんと説明してくれるはずです。


もちろん、私の主治医も、
納得するまで説明してくれましたよ^^


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スポンサードリンク
最新CM
[11/01 ひまわり]
[11/01 えーこ]
[10/11 ひまわり]
[10/10 ぷう]
[07/05 ひまわり]
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ [PR]

template by Little beaR-photo